心臓弁膜症|宇治市のべっぷ内科・整形外科クリニック|宇治半白 JR宇治駅 JR・近鉄小倉駅

心臓弁膜症

心臓弁膜症

心臓内部は、上下左右4つの部屋に分かれており、上の部屋を(左・右)心房、下の部屋を(左・右)心室と呼びます。左右の心室から全身に血液を供給する大動脈、肺に血液を供給する肺動脈という血管がそれぞれのびています。この心房―心室の間と心室―動脈の間にある、扉のように開閉する構造物を「弁」と呼び、これらに狭窄や閉鎖不全などが見られる状態を心臓弁膜症と言います。
心臓弁膜症は先天的に形態的異常がある場合や、加齢変化、リウマチ熱の後遺症、動脈硬化、心筋梗塞などに伴って生じる場合があります。
弁膜症が進行して弁の機能が落ちると、徐々に心臓の負担が増え、息切れや倦怠感などの心不全症状が現れてきます。
弁膜症はある程度まではお薬治療で管理はできますが、「弁」の機能不全が強くなると内科的管理ではなく、外科的管理(外科的修復術)が必要となることもあります。

TOP