宇治市 心臓リハビリテーション【べっぷ内科・整形外科クリニック】|心臓リハビリテーション指導士

心臓リハビリテーション

心臓リハビリテーションとは

心筋梗塞、狭心症等で心臓の手術を受けた患者さんは、運動能力や体の調節の働きが低下しており、退院してもすぐに強い活動はできません。また、どの程度活動しても大丈夫なのかが分からないために不安もあります。

体力面と精神面の自信を取り戻していただいた上で、社会や職場に復帰し、さらに心臓病の再発を予防し、質の良い生活を維持することをめざして、運動療法、生活指導、カウンセリングなどの活動プログラムを心臓リハビリテーションでは包括的に行います。

心臓リハビリテーションの効果

  1. ① 運動能力が向上し、楽に動作できるようになる。
  2. ② 狭心症や心不全の症状が軽くなる。
  3. ③ 不安やうつ状態が改善し、快適な社会生活を送ることができる。
  4. ④ 血管が自分で広がる能力(血管内皮機能)が上がり、動脈硬化のリスクが下がる。
  5. ⑤ 自律神経の働きがよくなり、動悸や血栓が起こりにくくなる。
  6. ⑥ 生活の質の改善(やる気や希望が沸いてきて、日常生活の快適度が高まります)
  7. ⑦ 心筋梗塞の再発や突然死のリスクが下がります。

心臓リハビリテーションの適応となる疾患

急性心筋梗塞、狭心症、心不全、心臓手術後、大動脈疾患、閉塞性動脈硬化症

心臓リハビリテーションで行うこと

運動療法
  • ・運動処方(運動負荷試験により最適運動強度を決定)
  • ・監視下運動トレーニング
  • ・在宅運動療法指導
学習指導
  • ・心臓病に関する正しい知識
  • ・食事療法や禁煙の実行方法
  • ・日常生活での注意事項
カウンセリング(個人面談)
  • ・社会復帰や職場復帰へのアドバイス
  • ・不安やうつ状態などについての相談

心臓リハビリテーション指導士がサポートさせていただきます。
心臓リハビリテーションは医療や運動療法にとどまらず、栄養や薬の理解、禁煙指導、病気を機に起きることがある精神的な問題への対応など多岐にわたるため、日本心臓リハビリテーション学会が2000年に認定制度を設けた専門資格です。

心臓リハビリテーション 受診の流れ

受診から運動療法開始までの流れ

1.診察・運動負荷試験予約
※現在通院されている医院から診療情報提供書をもらってご準備ください。運動負荷試験日を予約します。
2.運動負荷試験実施
自転車エルゴメーターによる運動負荷試験を行います。負荷試験結果を元に運動プログラムを作成します。
3.運動療法開始(後日)
後日、予約外来にて運動療法開始となります。定期的に運動プログラムの見直しを行います。

心臓リハビリテーション実施日・時間(今後拡充予定)

心臓リハビリテーション実施日・時間

TOP