宇治市で花粉症のご相談なら | べっぷ内科・整形外科クリニック | 宇治市宇治半白 JR「宇治」駅 JR・近鉄「小倉」駅

花粉症

例年2月初旬から本格的な
花粉症シーズンがはじまります

できるだけ早い時期に花粉症治療を始めることで、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などの辛い症状をかなり抑えることができます。
花粉症シーズンが始まってからの治療も効果が期待できますので、花粉症でお悩みの方はあきらめずにお早目にご相談ください。

花粉症とは

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみといった症状が現れる疾患です。
特にスギ花粉症は発症する人が極めて多く、冬の終わりから春にかけて発症のピークとなります。
日本では、スギのほかにもヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど約50種類の植物が花粉症を引き起こすとされています。

花粉症のメカニズム

花粉が体内に侵入してくると、それを排除しようとlgE抗体という物質が作られます。
そのlgE抗体は粘膜にたくさんある肥満細胞と結合し、再度侵入してきた花粉に集中します。 その花粉とlgE抗体や肥満細胞が反応し、ヒスタミンやロイコトリエンなどが体内へ放出されてそれが刺激となり、神経や血管に作用します。
作用した結果、くしゃみや鼻水などの花粉症の症状を引き起こします。

主な花粉症の症状

鼻水が出てくる、鼻づまり、くしゃみ
眼のかゆみ、涙が出る、まぶたが腫れる、眼の充血
喉の痛み、口の中がピリピリしびれる
その他
集中力の低下、憂鬱な気分になる、イライラする、頭痛がする

花粉症の治療

従来の抗アレルギー薬に加え、ロイコトリエン拮抗薬、点鼻薬、点眼薬、漢方薬などを組み合わせて、患者さん一人一人に合った治療を考えていきます。お薬は何種類もありますが、個人個人によって効果はばらつきがありますので、体に合うお薬を見つけていくことが大事かと思います。
また、近年では、抗アレルギー薬で問題なる「眠気」を改善させた、「眠くなりにくい」新しい薬も登場しています。

眠くなりにくい花粉症治療薬

デザレックス

抗ヒスタミン薬で、食事などの影響を受けにくいため、いつ服用してもよいのが特徴です。 グレープフルーツジュースによって吸収が低下する抗ヒスタミン剤もありますが、デザレックスはその心配もありません。

ビラノア

こちらも抗ヒスタミン薬です。ビラノアは空腹時に飲む必要はありますが、即効性と強力な効き目が期待できます。

デザレックス ビラノア
服用のタイミング いつでもよい 空腹時
効果 やや強い 強い
眠気 眠くなりにくい 眠くなりにくい
グレープフルーツジュース 影響を受けない 効果が落ちる
服用回数 1日1回 1日1回

これまでに花粉症治療で薬を服用し、「眠くなる」「ボーッとしてしまう」などの副作用で辛い思いをされた方などは、ぜひ一度ご相談ください。

TOP