宇治市で下肢静脈瘤のご相談なら | べっぷ内科・整形外科クリニック | 宇治市宇 治半白 JR「宇治」駅 JR・近鉄「小倉」駅

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤は、ボコボコと足の血管が浮き出て、足にコブができているように見えたり、足の皮膚が変色するなどの症状が現れることを言います。これは足の静脈に備わっている弁(血液の逆流を防止している弁)が適切に閉じなくなることが原因です。血液が足の静脈に溜まってしまうと、血管が次第に拡張して青く浮き出るようになり、ボコボコとコブのようになるのです。

ただ、このような症状が現れたからといって、ただちに健康への影響があるわけではなく、多くの場合は良性です。しかし、そのままにしておいて治るというものでもありません。足がむくむ、だるい、重いといった症状が現れている方や、見た目が気になる、という方は、ご相談ください。

主な症状について

以下のような症状がみられたら下肢静脈瘤の疑いがありますのでご相談ください。

  • * 脚に血管の瘤がある
  • * 足がむくんでいる(むくみに左右差がある)
  • * 足がつる(寝ているとき、もしくは明け方)
  • * くるぶしの上に潰瘍がある
  • * ふくらはぎがだるい、重い、疲れやすい など

発症のしくみ

足の静脈にコブができるように見えるのが下肢静脈瘤ですが、動脈は心臓から送られる血液を足のつま先まで運ぶ役割があるのに対し、静脈には体内で発生した老廃物などが混ざった血液を心臓に戻すという役割があります。このように血液は常に循環しているわけですが、つま先にまで及んだ血液を戻すというのは引力に逆らうことになります。そのため静脈の血管には血液が逆流しないようにする逆流防止弁が備わっています。この弁は心臓に血液を戻すときのみ開きます。

しかし、この弁が何らかの原因で閉じなくなるなどして逆流すると、閉じなくなった弁の真下にある血管に血液が溜まってしまい、この溜まりがコブ(汚れた血液が主成分なので、足のむくみやだるさなどを訴える方が多い)のようになってしまうのです。なかでも脚の付け根やひざの裏側など、太い静脈の合流部で閉じにくくなるという特徴もあります。

なお、下肢静脈瘤を引き起こす原因としては、長時間の立ち仕事、加齢、女性の出産・妊娠、脂質異常をはじめとする生活習慣病、喫煙習慣などが考えられています。

下肢静脈瘤のタイプ

大きく分けて2つのタイプに分けられるのが下肢静脈瘤の特徴です。ひとつは、足の表面の比較的太いとされる静脈の血管で起こる伏在型静脈瘤、もうひとつが伏在型の静脈より枝分かれした血管で起こる軽症静脈瘤(側枝静脈瘤、網目状静脈瘤、蜘蛛の巣状静脈瘤)です。

伏在型静脈瘤
伏在型静脈瘤は、症状としては足のだるさや重さ、疲れなどを感じ、コブ状の血管が太ももの内側からふくらはぎの内側や裏側にかけてみられ、病状が進行した状態になるとコブが大きくなり、だんだん盛り上がります。進行しすぎると手術が必要になります。
軽症静脈瘤
② 軽症静脈瘤は、小さい血管で起きる症状ですが、実はこの血管にも逆流防止弁があり、この弁の機能がうまく働ないことで逆流します。ひざ裏やふくらはぎで起こりやすく、血管がコブ状になることはありませんが、血管が赤紫や青色に変色し、それが皮膚下から浮かび上がり、網目、または蜘蛛の巣のような模様が見られます。こちらは主に中高年の女性の方に多く、症状はほとんどありません。そのため見た目が気になるので治療したいという場合は、保険が適用されず自費での治療となります。

下肢静脈瘤の検査について

下肢静脈瘤が疑われる場合に検査を行いますが、問診・視診・触診のほか、必要と判断した場合は、超音波検査を行います。

超音波検査とは

超音波検査は、腹部などの臓器を診るのによく用いられる検査と同じです。この場合は足の皮膚にジェル状のものを塗り、塗った場所にプロープと呼ばれる端末機器を当てて、どこの静脈にどの程度の逆流があるのかを調べ、治療が必要かどうかを判断します。なお、検査は患者様が立った状態で行います。痛みはまったくありません。

下肢静脈瘤治療について

下肢静脈瘤は、命に関わる病気ではありません。ですので、慌てることはありません。
治療適応は、①足のだるさ、重さがある、②むくんだり、皮膚炎となっている、③美容的に問題がある、などです。
治療方法は、血管内治療が一般的です。静脈の中に細い管を入れて、中からレーザーや高周波の熱で静脈を焼いてふさいでしまう治療です。

また外科的ストリッピング術といって、問題となる静脈瘤を抜き取ってしまう手荒な治療方法もあります。それぞれの治療に一長一短があります。治療に際しての合併症もありますし、再発もしますので、命に関わる病気でないことを考えますと、治療をする判断は慎重にしていくべきものと考えます。私自身も左足に大きな静脈瘤を持っていますが、症状が軽いために治療はしていません。静脈瘤について悩みがございましたら、是非相談にお越しください。

TOP