不整脈|宇治市のべっぷ内科クリニック|宇治半白 JR宇治駅 JR・近鉄小倉駅

不整脈

どのような症状を感じた場合に受診した方がいいですか?

動悸や息切れを自覚した場合には、念のため来院してもらった方がよいかと思います。一概に「不整脈」といっても良性の不整脈から悪性度の高い不整脈とさまざまあります。また脈が速くなる不整脈、もしくは遅くなる不整脈など、種類によって出てくる症状が異なってきます。脈が速くなる不整脈でよく感じる症状は動悸、息切れ、また脈が速すぎることで血圧が下がり、ふらつきを自覚する方もいらっしゃいます。脈が遅くなる不整脈の場合は、めまいやふらつき、更にひどくなると意識が飛びそうになる、といった症状が出てきます。そういった症状が出た時には不整脈の種類を特定して適切な治療を進めていくため、お早めにご来院ください。

不整脈が疑われる場合、どのような検査を行うべきですか?

まず基本となるのが心電図検査です。心電図を行うことにより、不整脈の種類を見つけに行きます。ただ不整脈は症状が出ている時でなければ心電図で捕まえることができないので、 来院した時に不整脈を検出できないことも多くあります。

その際には24時間持続で心電図を計測する機械を装着し、日常生活に戻っていただいて不整脈を捕まえに行くという検査が必要になります。

不整脈には種類が10種類前後あり、それぞれの種類によって治療法、薬剤の選択も異なってきます。まずはどのタイプの不整脈なのか、特に悪性度の高い不整脈なのか、もしくは良性の不整脈かを明確に線引きする必要性があります。そのために、まずは「どのタイプの不整脈か」を確認することが重要です。悪性度の高い不整脈には虚血性心疾患に由来するものもありますので、心臓エコー検査や採血を平行して行ったりもします。

もちろん症状があっても、それが不整脈を原因とするものでない場合もあります。そのために呼吸器疾患や消化器疾患の場合は、その疾患にあった検査(例えばレントゲン、胃カメラなど)をして、原因を探索することを行います。

不整脈の治療はどんなことを行いますか?

不整脈はまずはお薬でコントロールをいたしますが、確実に不整脈を治癒するために、最近ではカテーテルアブレーションという治療が多くなってきています。この治療は数日の入院が必要にはなりますが、カテーテルという細い管を血管の中に通して、心臓の目的の部位にまで持っていき、問題となっている部位を焼灼することにより、不整脈を根治することが可能となります。

不整脈の中でも特に一番多いのは「心房細動」と呼ばれる不整脈です。小渕恵三元首相や、巨人の長嶋元監督がかかられた不整脈ですが、この心房細動は脳梗塞を起こし得る、悪性度の高い不整脈です。こういった不整脈に関しては、最近はほとんどがお薬治療ではなく、カテーテルによって治療根治を目指していく方向になってます。

日常生活で注意することはありますか?

不整脈が疑われた場合、まずはご自身の脈をご自身で検査、把握していただくことが大事です。これは症状がある時に、どの程度の不整脈が出ているのかをご自身で確認していただくという作業です。親指側の手首の辺りで心臓の鼓動を感じることのできる場所があるので、症状が出てる時にそこを触れていただき、「脈が速くなってるのか」「脈が遅くなってるのか」「脈がとんでいるのか」「脈がばらばらなのか」、またそれが1分あたり何回ぐらい脈打っているのか、を確認してみてください。正常の鼓動は1分あたり60回から100回と言われていますので、それを超えるような場合は脈が速い「頻脈」となり、それ以下の場合は脈が遅い「徐脈」で、不整脈である可能性が高いと言えます。

TOP